PR

サロンで実際に使っているサービス一覧

サロン運営

サロンは施術作業が基本的な業務となりますが、お店として営業するためには施術以外の業務も必要となります。
一昔前は手書きでやっていた作業も最近はクラウドで共有や自動化が出来るようになってきています。
今回は実際に僕がサロンで使用しているツールや道具類をご紹介いたします。

集客・ポータルサイト・リピート

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)

GoogleやGooglemapで検索をした際にお店情報を確認したりしませんか?
Googleビジネスプロフィールはその情報を編集するツールです。
無料で登録・更新が出来ますのでサロンを開業する場合はまずこちらのオーナー登録をしてみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

HOT PEPPER Beauty(ホットペッパービューティー)

サロン運営をする方で利用している方も多いリクルートが運営するヘアサロン・ネイルサロン・エステサロン・リラクサロンのポータルサイトです。

掲載には所定の掲載料がかかりますが、1年以上掲載をしていれば解約した状態でも掲載・ネット予約も可能となります。
以前はフリーペーパーの配布地域のみ掲載可能でしたが、ネット予約中心の現在はどの地域でも掲載可能になっています。

コストはかかりますが、集客力もあります。
開業したばかりで顧客が少ない場合などは特にオススメです。

公式サイトはこちら

LINE公式アカウント(旧LINE@)

最近のサロン運営には欠かせなくなりつつあるのがLINE公式アカウントです。
お客様とのやり取りなら無料で利用が出来るのでメッセージでのやり取りでご予約を取るサロンさんも増えてきましたね。

当店ではリピッテと連動させてLINE予約システムを構築している他、お客様からのお問い合わせや予約時間の調整等でサロン側からメッセージを送る際に活用しています。

簡単に何個もアカウントを作れるので1度登録をしてみると良いでしょう。

公式サイトはこちら

予約・顧客管理・カルテ

サロンボード(ホットペッパービューティ)

サロンボードはホットペッパービューティーの予約顧客管理システムです。
ホットペッパーの掲載情報の編集、顧客情報、メッセージ機能、POS機能まで備わっています。

ホットペッパーの掲載情報はホットペッパーの掲載プラン次第で実際に掲載される内容は変わってきますが、それ以外のメッセージ機能やPOS機能は解約した後も使えます。
最近来店のないお客様にメッセージを送ったり、予約情報を元にしたデータを参照出来るので解約後もシステムだけを使いたいというオーナーさんも非常に多いです。

リピッテ(LINE予約システム)

リピッテはLINE公式アカウントを利用した予約システムです。
ひとりサロンにおいてはWEB予約が予約受付効率化が出来てオススメなのですが、リピッテを使う事によりお客様がLINEからご予約が出来るようになり利便性が向上します。
ひとりサロンでしたら月額2200円からご利用が可能で料金もリーズナブルです。

オプションを利用することで自社のウェブサイトからのご予約が可能になったり、特定のお客様だけにLINEでお知らせを送る事が出来るセグメント配信をするこも出来ます。
サロンボードからメッセージの配信も出来るのですが、LINEの方がメールに比べて開封率が高くメッセージを読んでもらいやすくなります。

サロンボードも併用している場合は、ダブルブッキング防止の予約連動オプションもあります。
これを使用するとリピッテ独自の「予約変更」や「メニュー変更」の機能が使えなくなってしまうので、僕はお客様の利便性を重視して連動せずに手動で予約管理をしています。

随時アップデートもされているのでLINE予約システムを探している方にはリピッテはおすすめです。

公式サイトはこちら

Evernote(カルテ)

サロンのカルテは専用のサービスも多数ありますが、僕はメモアプリのEvernote(エバーノート)をカルテとして使用しています。

基本はテキストベースですが、色や文字の大きさも変えられて画像の挿入も出来るので違和感なくカルテとして使用出来ます。
容量がオーバーしてしまい有料版を試用していますが、ひとりサロンであれば無料版で十分に使えます。

公式サイトはこちら

Evernoteはメモアプリなのでカルテとして使用する場合は少し工夫が必要です。
こちらの記事を参考にしてみてください。

キャッシュレス決済

楽天ペイ

キャッシュレス決済の導入はサロン運営にはメリットが多く、集客にも繋がります。

当サロンではクレジット決済・電子マネー・aupayは『楽天ペイ』、paypayは『Square』、d払いは『メルペイ』を使っています。
キャッシュレス決済会社は色々ありますが、ひとりサロンでしたら楽天ペイ・Square・AirPAYがおすすめです。
当サロンでは最短翌日入金とwaon・nanacoに対応している点で楽天ペイを使っています。
それぞれの特徴については下記を参考にしてください。

公式サイトはこちら

POSレジ

スマレジ

POSシステムを導入するとサロンの売上管理の負担が減ります。
開業当初は別のシステムを使用していて、サロンボードにPOS機能が備わった際にはサロンボードをPOSレジとして使っていましたが、現在はスマレジを使用しています。

スマレジはお客様に金額をお知らせするディスプレイ機能が無料プランで使えます。
レジの機能だけならサロンボードのPOS機能でも問題なかったのですが、ディスプレイがあった方が良いと思いスマレジに変えました。

POSレジ専門のアプリなので他の機能も色々使えて無料から利用が可能です。
ひとりサロンであれば無料プランの機能で十分です。実際に僕は無料でずっと使わせてもらっています。
店販をしている場合は在庫管理まで出来てしまいますよ

クレジット決済で利用している楽天ペイとの連携も出来るのでボタン1つですぐにクレジット決済が可能なのも使いやすいポイントなので楽天ペイを使っているサロンには非常にオススメです。

公式サイトはこちら

BGM

モンスターチャンネル

サロンにとっては店内のBGMは雰囲気作りには大切ですよね。
カフェや美容室ならオシャレな音楽で雰囲気を作り、医療系やリラクゼーション系でしたらリラックス効果のあるBGMで落ち着いた雰囲気を演出出来ます。

CDやパソコンにDLをした曲を店舗のBGMとして流すのは著作権侵害となり、JASRACへ使用料の支払いをしなければいけなくなります。


BGMを流す際はユーセン等の既にJASRACへの使用料が含まれているBGMサービスの利用をオススメします。

当サロンではオープン当初からユーセンが運営している『otoraku』というサービスを利用していましたが、今年からは『モンスターチャンネル』に切り替えています。

切り替えた理由は料金が安い事。
そして、J-POPや洋楽などを流す必要がなくなった事です。
otorakuはユーセンが運営をしているので著作権の厳しいJ-POPや洋楽も収録されています。オープン当初はカジュアルな新しい整体サロンを作ろうと洋楽をかけたりしていたのですが、施術中はリラックス出来る音楽に切り替えるのでそこまでお客様の心に残っていないだろうとモンスターチャンネルに切り替えました。

モンスターチャンネルはオリジナルの楽曲やカバー曲がメインでJ-POPや洋楽が原曲のまま収録はされていませんが、曲自体のクオリティはしっかりしているのでBGMとしては問題なく使用出来ます。
2023年に料金プランが変わり、2年契約が必要になりますがひと月1880円(税抜)で利用する事が出来ます。

公式サイトはこちら

ウォーターサーバー

アクアクララ

来店時のウェルカムドリンクや施術後のアフタードリンクをサービスとして出すサロンも多いですよね。
当サロンではシンプルにウォーターサーバーでお水を提供しています。変わり種としてブドウ糖100%のラムネをお菓子として出しています。

ウォーターサーバーの会社も色々あって迷ってしまいますよね。
当サロンは当初別の会社のウォーターサーバーを設置していましたが、現在はアクアクララを使っています。

以前使っていた会社は毎月の固定費がかからないかわりに
・毎月の定期配送(スキップは可能だが、電話連絡が必要)
・天然水のため水自体の単価が高いという

というデメリットがありました。
アクアクララは毎月のサーバーレンタル代がかかりますが、月の注文ノルマがないので必要な時に注文をすれば大丈夫です。
また、ROろ過水なので天然水よりもコストが低く、使用期限も長く利用出来るのがメリットと感じています。

公式サイトはこちら

会計・確定申告

マネーフォワード

マネーフォワードはクラウド型の確定申告ソフトです。開業当初は青色申告会の確定申告ソフト『ブルーリターン』を1年、『やよいの青色申告』を2年使っていましたが、最終的にマネーフォワードに落ち着きました。

決め手としてはクラウド型なのでどこでも会計処理が出来る事と銀行口座やクレジットカードと連携をする事で会計を自動化出来る事です。
POSアプリのスマレジとの連携でサロンの売上も自動化が出来るようですが、僕の場合は現金の売上を月に1度まとめて会計をしているのでマネーフォワードとスマレジの連携はしていません。

『freee』という確定申告ソフトも有名ですが、freeeの特徴である直感的な操作が僕には合わなかったので癖のないマネーフォワードを今でも使い続けています。

タイトルとURLをコピーしました