PR

ひとりサロンに必要なレジ周辺アイテム

サロンの作り方

お店を運営するうえで必要となる「レジ」。
今回はひとりサロンを開業する際に必要となるレジ関係のサービスやアイテムについてご紹介いたします。

POSレジシステム

レジと言えばすぐに思い浮かぶのはこのような形のタイプではないでしょうか?

こちらはドロア一体型と言われるタイプで、ドロア(ドロワー)というのがお金をしまっておく金庫、レジはレジスターの略で販売された商品や個数を記録して、集計が出来るシステムの事を言うようです。

僕も開業当初はこのようなドロワー一体型レジスターの購入の検討をしていましたが、レジスターは思っていたよりも料金が高く、いかんせん資金のない中で開業をしたのでレジスターの購入に躊躇をしてしまいました。

POSレジアプリがおすすめ

そこで導入をしたのが当時に出始めていたPOSレジアプリです。
POSというのは「Point of Sale」の略で従来のレジスターよりも更に細かいデータの収集が可能なシステムです。
タブレットなどのアプリなので狭い場所でも使えて、無料で使えるアプリもあるのでタブレット端末さえあれば使えるのが魅力的でした。

POSアプリはiPhoneなどのスマートフォンでも使えますが、画面が小さく使い勝手を考えるとiPadなどのタブレット端末がオススメです。
固定をするなら10インチ程度でもいいですが、持ち運ぶ事もあるようならiPadminiのような8インチ程度がオススメです。

iPadはamazonのセールで安くなる事も多いですのでセールを狙うと良いでしょう。

当サロンでは『スマレジ』を使っています

POSレジアプリは検索すると沢山出てきますが、当サロンではスマレジというPOSアプリを利用しています。

スマレジは無料から使う事が出来ます。有料プランがあるサービスの無料プランというのは機能の制限が多く、お試し用のような場合もありますがスマレジは無料プランで普通に使えます。
他店舗展開をしている場合は有料プランにせざるを得ないですが、ひとりサロンのような1店舗で使う分には無料プランで十分使えます。
実際に僕はずっと無料プランで使っています。

クラウド型のPOSアプリなのでタブレットの故障等で買い替えをした場合でもログインをすればすぐに同じように使えるのも嬉しいポイントです。

スマレジの他にも多くのPOSアプリがありますので、比較検討をしてみたいと思います。

ドロア(ドロワー)

POSアプリにはドロアがないので、別途ドロアを用意する必要があります。
このようなタイプだとPOSレジと連動出来るので会計を押すと自動でドロアが開きます。
プリンター内蔵なので場所を取らずスタイリッシュです。

当サロンではこちらの手動開閉タイプのドロアを使っています。
自動で開くのはスタイリッシュで良いとは思うのですが、結局閉じる時は手動となります。
これだけの価格差を考えると手動で良いと思います。

開業当時はイベントへの出店も積極的に考えていたので、このような手提げ金庫をレジ代わりに使ってました。

レジ代わりなので少し大きめの手提げ金庫にしてましたが、レジが別にあってイベント出店用という事でしたらこのような物でも問題ないしょう。

プリンター

レシートが必要なお客様にプリンターの用意も必要です。

当サロンではこちらの最もポピュラーなタイプを使っています。
モバイルで場所を取らず、持ち運びも出来るので訪問施術とかでも使えたりするので重宝しています。

実はこちらは自分で購入はしていなくて、ホットペッパーでPOSシステムを導入する際にホットペッパーからプレゼントされた物なんです。
今はそのようなサービスはないようなのでラッキーだったなと思っています。

こちらのプリンターですが、先日ver2.8以前の商品についてはサポートの対象外になるとの発表があったようです。
メーカーのサポートの対象外になってしまうと対応しているスマレジや楽天ペイとの連動も出来なくなるかもしれませんので、今後はこちらの方がオススメです。

レジ周辺アイテムのまとめ

ひとりサロンを運営するために必要なレジ関連アイテムについて解説しました。
一般的なレジスターからPOSレジアプリの導入、ドロア(ドロワー)、プリンターの選択肢などについて詳しく触れました。
当サロンでPOSアプリはスマレジを使っています。無料で使えるのでひとりサロンにはオススメです。
レジ周辺アイテムの選び方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました